目のクマに蒸しタオル法は効果的

目のクマができてしまう理由の1つに「血行の悪さ」をあげることができます。

血行が悪くなると、目の周囲にある細い血管中の酸素が不足した状態になり、血液の色も濁ってくるようになります。

そして、静脈の青い色素が浮き上がるようになり、その結果として、青グマとなって現れるのです。

血行が悪くなる原因には、目の疲れや睡眠不足、ストレスなどがあります。

このような血行不良を原因とする目のクマについては、血行を改善することで解決できる場合が多いのです。


そして、顔全体の血行を改善する方法の1つに「蒸しタオル法」という方法があります。

蒸しタオル法は、
・熱い蒸しタオルを30秒ほどのせる
・冷水で顔を洗い引き締める
という2つの作業を繰り返し行う方法です。

蒸しタオル法には、「自宅で簡単にできる」、「毛穴の汚れも取れやすくなる」、「肌の新陳代謝が活発になる」などのメリットがあり、自宅で毎日している人も多くいます。

目の下に青いクマができてしまったときなど、メイク前に蒸しタオル法を実践することで、症状を抑えることもできそうです。

また、蒸しタオル法は、目のクマについてだけでなく、むくみやたるみなど、さまざまな症状の改善に効果があるものです。


蒸しタオル法で注意するべき点は、蒸しタオルを熱くしすぎないことです。

通常、「40度」前後の温度が推奨されていますので、入浴中に行うのも一つの方法です。

また、500Wの電子レンジで1分ほど湿らせたタオルを暖めることで、ちょうど良い温度の蒸しタオルを用意することもできます。

また、蒸しタオル法を行った後は、肌が乾燥しやすくなりますので、早めに水分を与えるようにし、肌が赤くなるなどの症状が見られたら中断するようにしてください。

もともと肌が弱い人にはすすめられる方法ではありませんが、寝不足やストレスでできてしまった青グマを改善できる方法です。

青グマ以外の色素沈着をともなう目のクマについては、美容成分の配合されたコスメなどを活用するようにしてください。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13